華狩

このブログを作る時に「うつくしいものさがします」というタイトルが最初に浮かんだのですが、いくつかの取りたかったIDが取れなかったのでふと浮かんだ「はなかり」としました。この象徴的な言葉をIDにもタイトルにも使うことにしたのです。

「華狩」というのは棟方志功さんの板画に「華狩頌」という素敵な作品があり、ぼくはそこからいただいたのですがこれは志功さんの彼らしい造語かもしれませんが、あるいは何かからいただいたのかもしれません。

簡単な説明くらいはつけるとしてもここでは気軽に撮った写真中心にするつもりです。
[PR]
by hanakari | 2004-07-21 02:19 | blog
<< 蓮をみる 丹波篠山 >>