タグ:李朝 ( 8 ) タグの人気記事

コゴミと池本忠義さんの面取白磁鉢

a0038380_19184464.jpg

このあたりではコゴミは4月のものだが北海道大雪山の麓から届いたというコゴミを御裾分けしてもらったのでお浸しにして頂いた。
フキノトウやワラビなんかでもそうだがこういう季節のものを頂くというのは実際の美味しさはもちろんのことだがさらにそれ以上のありがたみが嬉しい気がする。

この白磁は砥部で仕事しておられた池本忠義さんの御作で10数年ほども前のもの。
池本さんが大阪の個展で来られた折に「気難しい人で弱っているので話し相手に来て欲しい」と画廊側に会期中に二度ほど呼び出されてお目にかかった。
仕事は少し知っていて尊敬もしていたので一体どんな難しい人が待っているのだろうかとちょっと楽しみに行ってみると、取っ付きにくいような気難しさと人懐っこさが同居したずいぶん癖の強い妙な人だとも思ったが面白い方だった。
風貌はずいぶん老人に見えたが経歴を見るとあんがい若くて驚いたこと、会場から一緒にちょっと外へ出て二人で街を歩きながら「少し待っていて」と通りかかったスーパーに入って豚足を買って「膝の関節が痛いときはこれですぐに治るんだ」というようなことをおっしゃったなんということもない一場面を思い出す。
鯰の絵付けの皿などを作られていたが絵のない白磁のほうがずっと好きだと言うとちょっと不満そうな顔をされたが、同業のはるかに後輩なのでたとえ生意気でもかわいがってくださったのかもしれない。
鈴木繁男さんのことや砥部には温かみのある独特の良い磁土があることなどを話して下さった。
そういう材料を今では珍しく薪ののぼり窯で焼いた白磁の風合いは美しかった。
この朝鮮風の厚く轆轤で挽いてざっくり面取った鉢はその時にひとつ選ばせていただいたものだが以来気に入って使っていたし、つい折を逃して年月は経っていたもののいつか砥部に訪ねるのを楽しみにしてもいたのだ。
窯に遊びにおいでと誘っていただいたり何度か展覧会のDMを頂いたり年賀状のやりとりもあったが、どちらかの忌中を機にいつかそれも絶えてしまい、以来お目にかかる機会を無くしたままご無沙汰していたのだが昨秋思いがけないところで氏が亡くなった事を聞いて驚いた。

訃報を聞いて以来ずっと食器棚の目に付くところに置いていたがふとこの季節の食べ物を手向けてみたい気になってコゴミを盛りつけてみた。
写真はたぶん池本さんもお好きだっただろうという気がする朝鮮の膳の上で。
[PR]
by hanakari | 2011-06-18 19:28 | たべもの

多々良 壺

a0038380_22494765.jpg

この小さな広口壺はおそらく佐賀県の多々良のものではないかと思います。
このあたりの山々には桃山時代から江戸のかけての無数の窯跡が残されておりそれらは今では総称して唐津焼としてよく知られていますが中でもこの多々良の窯はいかにも数寄者好みの唐津とは少し趣の違った窯としてはっきりとした特色があります。
一般的な唐津の窯が主に小物中心で食器や茶器などを作っていたのに対してこの多々良の窯は主として壺、甕、ゆたんぽなどの粗陶器を中心とした仕事なのです。
かたちも叩き作りの轆轤仕上げで作り、釉薬も藁灰や土灰などの色彩感や艶のある釉薬ではなくもっぱら不透明な泥釉を用います。
茶色や黒に焼けるこのくすんだ泥釉の上に時折はこのように泥に灰を混ぜたと思われる黄色っぽい釉薬を流し掛けるくらいでなんとも素朴な仕事なのです。
江戸期になって伊万里の磁器の小物類が普及するにつれて唐津の窯に変化があり、白泥や銅緑釉を使ってさらに華やかな甕や大鉢などの荒物が作られるようになっても多々良ではそのようなものは作られなかったように思われます。
同じ地域で同じく朝鮮系の人達によって始まったはずの両者にどうしてこのような違いがあるのかといえばほとんどが朝鮮の沙器系の技術者による窯であるのに対して多々良は甕器系の技術者による窯だからです。
多々良の窯が他の唐津とは明らかに陶脈を別にする、ほとんど朝鮮の甕器そのままの作風を昭和前期までは伝えていたということは、おそらくは秀吉による文禄慶長の乱の頃以来ほぼ変わらないままに地元の需要に応えた粗陶器の仕事を続けてきたということだと思うのです。
茶器を求めて朝鮮系の陶工を招いたのだとすればそれは沙器系の陶工であらねばならないはずで甕器系の陶技を身につけた彼らはどのように遇されたのでしょうか。
甕器系の窯は日本では非常に少なくてここの他には薩摩の諸窯や上野(かみの)の窯が知られているくらいではないでしょうか。
あるいは丹波の窯にも朝鮮系の技術がやきもの自体には割に目立たないかたちで入っているように思いますが、これもやはり甕器系技術に繋がるもののように思います。(東海系瓷器をルーツにした丹波の陶脈は実際には非常に複雑だと思います)
多々良の窯の仕事は数十年前まで昔そのままに残っていたため今でもたくさん当時の品物が残されていますが作陶家からも愛陶家からもたいして尊敬も評価もなされていないのが実情ですが、自分などからすればとても作ることが出来ないような立派な大甕をはじめそのことごとくは極めて骨格の確かな仕事ぶりでもっともっと評価されて良いはずのものだと思われてなりません。
現代の華奢な陶器の好みからしたら多々良はいかにも地味で取っ付きにくいものには違いないとも思いますが、それだけに現代の作に一番欠けているものがはっきりと示されているのも多々良や苗代川などの甕器系の窯ではないかと思うのです。
自分の仕事もやはり沙器系の技術で蹴轆轤で水挽きして灰を用いた釉薬を掛けるものが多いのですが、もっと甕器の系譜を学びたいと思っています。
[PR]
by hanakari | 2011-04-02 23:53 | つちのもの

白磁 壺

a0038380_21471887.jpg


朝鮮白磁の壺というと古くから人気のあるもので日本にも数々の名品が伝えられています。
ぼくもひとつよいものをとは願いながらもなかなか自分がほんとうに好きでかつ身の丈にあったものと出会うことはかないませんでした。
美術館や図録のなかやあるいは古美術店によいものはいくらでもありはしても実際にそれを身近において暮らすというときにぴったり来る自分好みなものは意外な程に見当たらないものです。
この壺は小さな高台からたっぷりと膨らんだ胴を経て低く立ち上がった口作りまで素晴らしい姿で、また朝鮮独特の柔らかい白磁の肌合も魅力的なもので一目で気に入ったものです。
ここに白いあさがおを入れてみたいと思ったのです。
朝鮮の工芸のよいものにはきりっと冴えた緊張感と穏やかな静けさが同居しています。
こういうものが部屋にあると自らと空間との輪郭を思いがけない程にはっきりと区切って存在しながらも、静謐な暖かさを感じます。
気高い朝鮮のお姫様でもいるような感じさえするのです。
[PR]
by hanakari | 2009-10-15 22:20 | つちのもの

a0038380_0542935.jpg


ようやく今年も梅雨が明けたようです。
いよいよ夏もこれからが盛り、カンカン照りの暑い日がくるのでしょう。
夏の朝は冷たい茶が心地よく身体に染みます。

美味しいものにこしたことはありませんが、日々の常用であれば抹茶も特別なものではなくてもいいのです。
特別なものでないからこそほんとうに茶なのだとも言えるかと思います。
利休が二畳の茶室に閉じ込めた茶を明るい場所に解き放ちたい。
出来れば美味しいわき水を汲んで。
出来ればお気に入りの茶盌を用意して。

写真は朝鮮時代の粉引の盌。
ほんとうはこれは盌というにはあまりに浅い皿なのですがたとえ点てにくくても好きなうつわを用いたい。

うつくしいものが好きなあなたに暑中見舞いを一服お届けしましょう。
[PR]
by hanakari | 2009-08-04 01:12 | たべもの

ぶどう

a0038380_2126139.jpg


時々季節のフルーツも欲しくなります。
つややかで張りつめたブドウの肌も深い色彩も綺麗です。
うつわは最近お気に入りでなにかと使っている朝鮮時代の堅手の浅鉢。
朝鮮のこういう雑器はくだけたところとキリッとしたところが同居していて気の張った場面でも充分に立派につとまりますが、普段使いにもとても心地よく馴染みます。
板はこれもとんでもなくうつくしい最近手に入れた相当に使い込まれたまな板です。

写真は9月16日に撮ったもの。
[PR]
by hanakari | 2008-09-29 21:25 | たべもの

とうがらし

a0038380_0434731.jpg


先日に引き続き朝市の収穫、鷹の爪です。
鷹の爪といえば以前に縄に指されたうつくしいものをまた別のところで買ったことがありますが今朝は枝のままで売られていたものを求めました。
生えている時はもちろん葉っぱが付いている訳ですがつんつんとこんなふうに上向きに成るんですね。
食べる前にこれもまた活け花として楽しんでみます。
うつわも同じく朝鮮の祭器。
[PR]
by hanakari | 2007-10-10 00:57 | 草木花実

パプリカ

a0038380_1163182.jpg


地元の朝市で求めたパプリカ。
こんなにつややかであざやかな色の野菜は他にないんじゃないでしょうか。
味がどうにも大好きというほど好きなわけでもないけれどこの綺麗さに魅かれて食べたくなります。
こんな綺麗なものをお気に入りの器に盛って眺めれて見ればこれが活け花となにが違うものかという気がします。
この特徴的な高い高台を持った器は朝鮮の祭器。
[PR]
by hanakari | 2007-10-01 01:25 | たべもの

きんみずひき つゆくさ

a0038380_12451128.jpg


部屋の隅に金水引と露草
家のまわりに沢山生えているものも少しだけ部屋に持ち込むとまた違った感じが楽しめます。
電気を灯さない薄暗い部屋に花があるのはそこだけ生命と色彩でくっきり輪郭されているようで好きなのです。
朝鮮の小壺に朝鮮の膳はどちらも20年ほども身近に置いているもの。
[PR]
by hanakari | 2007-09-27 12:50 | 草木花実