タグ:日常 ( 30 ) タグの人気記事

くろもん 漏斗

a0038380_5121697.jpg

この季節になれば大きな薬缶に麦茶を作って瓶に入れてバケツや冷蔵庫で冷やしていますが薬缶から小さな口の瓶に注ぐのにこの漏斗をつかっています。
薩摩焼のうちのくろもんと呼ばれる黒無地の陶器ですが、くろもんの多くは装飾も皆無のただしっかり頑丈で役にたてば良いとばかりの素っ気ない作りのもので、それがただ陶器の骨格ばかりに削ぎ落とされたような現代的なうつくしさとも感じさせられます。
もちろん粗末な実用品のことですから冴えた美意識が削ぎ落したわけではなく初めっから何も余計な物が加えられることがなかったということなのですが、鑑賞の側からするとだからこそなおさらデザインの作為もない陶器の精のようなものばかりがかたちしたうぶなままのこの姿に打たれるのです。
現代の陶器であれば表現としては削ぎ落した美を捕まえることはできても、作者はその美意識そのものを削ぎ落とすことは出来ません。
ここに天然物と人工物の決定的な違いがあると思います。

現代では手仕事のやきものはテーブルの上で使ううつわや棚や床の間に飾るような花瓶などやそんなものばっかりになってしまいましたが昔はすり鉢、味噌甕、湯たんぽ、しびん、水甕、野壺そういう荒物の粗陶器が暮らしの中にあったし、陶工たちの大多数はそういうものを作る人達だったに違いないのです。
この写真の漏斗も現代ではあまり陶器で作られることはなくなったものではないかと思いますが、このようにすくっと立てて眺めれば無骨ながらもなんとも優美なうつくしい姿をしています。
[PR]
by hanakari | 2011-07-18 05:42 | つちのもの

kneik SOAP

a0038380_2393281.jpg

先日こんな思いがけない素敵なプレゼントをいただきました。
包み紙を解いてみると竹炭と米糠と米油でこしらえたスリップウェアです。
スリップウェア好きのぼくのためにこんなふうに工夫して作って下さったのです。
英国の古いスリップウェアに乗せて。

a0038380_23102522.jpg

[PR]
by hanakari | 2010-11-03 23:35 | 日常

ブレッドボード

a0038380_23255884.jpg


英国の古いブレッドボードをいくつか見たことがありますがすべてはおそらくは轆轤で仕上げた丸いもので、パンを切った時の粉を集める溝の外側の部分には草花紋やBREADなどの文字が浮き彫りにされたものも多くありました。
ブレッドボードに紋様があるということはそれが食卓で用いられるものであるということに関係があるように思われます。
もちろん英国でもブレッドボードの他に日本のまな板と同じような台所で用いられる肉や野菜を切った無紋のものがあったには違いないと思うのです。

工芸品の紋様は直接的な用途とは別に使い手の心に何がしかの情趣をもたらしてくれます。
衣食住に対して人の暮らしはどこかでただ純粋な機能だけではなくそういうものを求めているには違いないのです。
しかしながら多種多様な素材の多くの物々に囲まれた現代の暮らしの中ではそういうものが一面ではやややかましく感じられるのもまた事実で、シンプルな家電や白無地のうつわなどが求められるのも非常に納得の行くことだと思います。
むろん人それぞれの好みと暮らしは様々でしょうが、一昔前のような花柄の電気炊飯器や絵付けも華やかな食器の類はすでに一般的なものではなくなりました。
確かな素材を選ぶこと、無駄のない機能的なかたちを選ぶことが現代の暮らしの中ではある意味では無紋の紋様であると思います。
自分もまた紋様のないうつくしくてかつ機能的な四角いブレッドボードが使いたかったのです。

写真のつややかな桜板のブレッドボードはワシタカ工藝の森年弘さんに作っていただいたものです。
地元の杉を用いた森さんの椅子などのお仕事は以前から少しは見知っていましたが、正直に書くと友人のところで出会って話した木を使うばかりではなく山に木を植えるという彼の理念にむしろ大いに関心を持ったのです。
実際にそういうことは良いとは思ってもなかなか誰にでも出来ることではありません。

自分がうつわを作る場合でもそうですがお互いにお互いの好みがある場合には注文でものを作るというのはなかなかにちょっとした部分が難しいのです。
そこで今回は彼もぼくもそれほど明確なイメージのないところから、最初にあれこれとブレッドボードの話しをして寸法を決め、大まかなスケッチを渡しただけで材の選択も含めておまかせしたのです。
こういうものは木の種類と木目はもちろん、板の厚み、溝の幅、溝の外側の部分の幅と傾斜の角度、角の部分の丸みの具合などが少し変わるだけでずいぶん印象は変わりますが、そういうところを実に見事なバランスで漠然としたイメージ以上の試作を作ってくださいました。
あとは角の丸みのちょっとした具合と溝と縁の幅のバランスを少し修正しグレープシードオイルで拭きあげて本当に素晴らしいものに仕上がったのです。

よくある白い樹脂のまな板と違って使えば使うほどより美しくなり、なんでもないようなものでありながらいつまでも手に触れ見ていても飽きることのないというこういううつくしい板を用い、また眺めながら暮らせるというのはありがたいことです。

森さんの工房を訪ねるといつもきちんと整理整頓されていることに感心しますが、その工房と併設の展示室を公開して7月3日より展覧会が開かれますのでこのブレッドボードとあわせて紹介したいと思います。


WASHITAKA・SHOP 一周年記念 のこのこ展
7月3日~11日 13:00~18:00
詳細はリンク先のワシタカ工藝さんのサイトにて御覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
後日追記

ワシタカ工藝さんのブレッドボードの紹介ブログにリンクを付けます。
[PR]
by hanakari | 2010-06-27 01:38 | きのもの

PEUGEOT G-1 coffee grinder

a0038380_1105879.jpg

PEUGEOT/プジョーといえば今では自動車メーカーとして有名ですが、もともとは水車の挽き臼の歯車などを作る会社として創業したことは割と知られています。
今でも自動車ばかりではなくコーヒーや岩塩やコショウを挽くためのミルを作っているのですが、その創業100周年記念として1950-52年に作られたのがこのG-1というモデルのコーヒーミルなのだそうです。

ぼくもいつかなにかの写真でこのミルを見て以来ずっと気になっていたものを今年になってからようやく手に入れて、以来日々楽しみながら使っています。
古いものですが今なおガタひとつ無く現役で使えるのはたいしたものだと思います。


今日このミルを紹介したのは思い掛けなくも「コーヒーミルG-1」展の案内をいただいたからです。
この展覧会はデザイナーでかつ元麻布にある古美術店「さる山」の猿山修さんの協力・監修により「東青山」さんを会場として行われるようです。
こういうものに注目し焦点を当てた展覧会が開かれるというのは嬉しいことです。
ぼく自身は東京まではいけませんが少しでも多くの方に見ていただきたいと思います。

______________________________


「コーヒーミルG-1」展

期間 平成21年10月30日(金)〜11月8日(日) 月、火休み
時間 正午〜午後8時
場所 東青山 港区南青山6-1-6 パレス青山一階
協力/CORNES&CO.,LTD(PEUGEOT社輸入発売元)
[PR]
by hanakari | 2009-10-28 01:44 | かねのもの

白磁 壺

a0038380_21471887.jpg


朝鮮白磁の壺というと古くから人気のあるもので日本にも数々の名品が伝えられています。
ぼくもひとつよいものをとは願いながらもなかなか自分がほんとうに好きでかつ身の丈にあったものと出会うことはかないませんでした。
美術館や図録のなかやあるいは古美術店によいものはいくらでもありはしても実際にそれを身近において暮らすというときにぴったり来る自分好みなものは意外な程に見当たらないものです。
この壺は小さな高台からたっぷりと膨らんだ胴を経て低く立ち上がった口作りまで素晴らしい姿で、また朝鮮独特の柔らかい白磁の肌合も魅力的なもので一目で気に入ったものです。
ここに白いあさがおを入れてみたいと思ったのです。
朝鮮の工芸のよいものにはきりっと冴えた緊張感と穏やかな静けさが同居しています。
こういうものが部屋にあると自らと空間との輪郭を思いがけない程にはっきりと区切って存在しながらも、静謐な暖かさを感じます。
気高い朝鮮のお姫様でもいるような感じさえするのです。
[PR]
by hanakari | 2009-10-15 22:20 | つちのもの

あさがお

a0038380_7242578.jpg

このうつくしいあさがおに出会ったのは去年のことで近くの家のこの花を出掛けるたびに眺めて楽しんでいました。
つややかで繊細な白い花は清楚で気品があってほんとうにうつくしかった。
ひかえめな淡い上品なかおりも好きだったのです。

調べてみれば天国の門という意味らしいPearly Gate といういかにもふさわしい名前がつけられているようです。
この花があんまりにも好きすぎて早くからお願いして種を頂きました。
そういうわけで今年は自家でも畑を囲う柵にたくさんの花を咲かせてくれています。
日本のあさがおとは違って葉っぱはハート形で花は夕方近くまで開いています。
蔓も長く伸びてずいぶん寒くなる頃までたくさんの花を咲かせます。

a0038380_7252095.jpg

あさがおなので夜になれば萎んでしまいますが翌朝には次のつぼみが花を咲かせる。
写真は二日目の朝に撮ったまだ開きかけの姿ですが昼頃にはこのとおりに見事に開きました。

a0038380_726973.jpg

最初に切っていけたのは8日の朝でそれが1枚目の写真ですがさすがに水だけではつぼみは大きくは育たないため花は小さくなりましたが今朝もまだ花は開いて部屋をうつくしくしてくれています。
これはただうつくしいばかりではなく切り花にしてさえ驚く程に堅いつぼみまで一週間以上も次々に咲き続けるほんとうに生命の強い花なのです。
[PR]
by hanakari | 2009-09-15 08:06 | 草木花実

a0038380_0542935.jpg


ようやく今年も梅雨が明けたようです。
いよいよ夏もこれからが盛り、カンカン照りの暑い日がくるのでしょう。
夏の朝は冷たい茶が心地よく身体に染みます。

美味しいものにこしたことはありませんが、日々の常用であれば抹茶も特別なものではなくてもいいのです。
特別なものでないからこそほんとうに茶なのだとも言えるかと思います。
利休が二畳の茶室に閉じ込めた茶を明るい場所に解き放ちたい。
出来れば美味しいわき水を汲んで。
出来ればお気に入りの茶盌を用意して。

写真は朝鮮時代の粉引の盌。
ほんとうはこれは盌というにはあまりに浅い皿なのですがたとえ点てにくくても好きなうつわを用いたい。

うつくしいものが好きなあなたに暑中見舞いを一服お届けしましょう。
[PR]
by hanakari | 2009-08-04 01:12 | たべもの

トイレットペーパー

a0038380_1495340.jpg

あるとき友人の日本画家を訪ねた折に彼はアトリエでトイレットペーパーを使っていました。
理由は聞き忘れてしまいましたが普通ならボックスティッシュを使うのでしょうが必要な分だけ少しづつ使えて無駄がないからでしょうか。
そういえばむかし山歩きやキャンプの時にはみんなやはりかさばらないこれをリュックに入れて何にでも使っていたことを思い出します。
彼はかつてあちこちの山へ行っていたのでそういう経験からなのかも知れません。

彼の明るいアトリエで見たこんなものが思いがけなくもうつくしいということには驚いたのです。
なにも特別なものではないいくらでも見慣れているものの中にもハッとするものがあるということに改めて気付かせていただきました。
もしかしたら彼はこういうもののうつくしさを気に入って使っていたのかもしれません。
ちょうどカメラを持っていたのでその場で写真を撮らせてもらったのです。
たとえ仲良しでも仕事が悪いとこういうところで名前を出しにくいものですが、彼の仕事をぼくは大変尊敬しており、いただいた小品をいつも家に掛けて眺めています。

久野隆史さんのブログ
[PR]
by hanakari | 2009-08-01 02:16 | かみのもの

ナスのトマトソースパスタ

a0038380_22524184.jpg


タマネギとニンニクを炒めてトマトソースを作り、茹でたフジッリとあわせて器にいれたものにオリーブオイルであえたナスとチーズを乗せてオーブンで焼いたもの。
うつわはこれも一種のスリップウェアの仲間でデボンで作られたものです。
夏野菜のオーブン料理にはこういううつわが似合います。
[PR]
by hanakari | 2008-08-01 22:54 | たべもの

赤白金

a0038380_0491956.jpg


赤 イチゴ
白 和蘭陀の皿
金 真鍮のオリーブフォーク
[PR]
by hanakari | 2008-04-05 00:51 | 草木花実