<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ブレッドボード

a0038380_23255884.jpg


英国の古いブレッドボードをいくつか見たことがありますがすべてはおそらくは轆轤で仕上げた丸いもので、パンを切った時の粉を集める溝の外側の部分には草花紋やBREADなどの文字が浮き彫りにされたものも多くありました。
ブレッドボードに紋様があるということはそれが食卓で用いられるものであるということに関係があるように思われます。
もちろん英国でもブレッドボードの他に日本のまな板と同じような台所で用いられる肉や野菜を切った無紋のものがあったには違いないと思うのです。

工芸品の紋様は直接的な用途とは別に使い手の心に何がしかの情趣をもたらしてくれます。
衣食住に対して人の暮らしはどこかでただ純粋な機能だけではなくそういうものを求めているには違いないのです。
しかしながら多種多様な素材の多くの物々に囲まれた現代の暮らしの中ではそういうものが一面ではやややかましく感じられるのもまた事実で、シンプルな家電や白無地のうつわなどが求められるのも非常に納得の行くことだと思います。
むろん人それぞれの好みと暮らしは様々でしょうが、一昔前のような花柄の電気炊飯器や絵付けも華やかな食器の類はすでに一般的なものではなくなりました。
確かな素材を選ぶこと、無駄のない機能的なかたちを選ぶことが現代の暮らしの中ではある意味では無紋の紋様であると思います。
自分もまた紋様のないうつくしくてかつ機能的な四角いブレッドボードが使いたかったのです。

写真のつややかな桜板のブレッドボードはワシタカ工藝の森年弘さんに作っていただいたものです。
地元の杉を用いた森さんの椅子などのお仕事は以前から少しは見知っていましたが、正直に書くと友人のところで出会って話した木を使うばかりではなく山に木を植えるという彼の理念にむしろ大いに関心を持ったのです。
実際にそういうことは良いとは思ってもなかなか誰にでも出来ることではありません。

自分がうつわを作る場合でもそうですがお互いにお互いの好みがある場合には注文でものを作るというのはなかなかにちょっとした部分が難しいのです。
そこで今回は彼もぼくもそれほど明確なイメージのないところから、最初にあれこれとブレッドボードの話しをして寸法を決め、大まかなスケッチを渡しただけで材の選択も含めておまかせしたのです。
こういうものは木の種類と木目はもちろん、板の厚み、溝の幅、溝の外側の部分の幅と傾斜の角度、角の部分の丸みの具合などが少し変わるだけでずいぶん印象は変わりますが、そういうところを実に見事なバランスで漠然としたイメージ以上の試作を作ってくださいました。
あとは角の丸みのちょっとした具合と溝と縁の幅のバランスを少し修正しグレープシードオイルで拭きあげて本当に素晴らしいものに仕上がったのです。

よくある白い樹脂のまな板と違って使えば使うほどより美しくなり、なんでもないようなものでありながらいつまでも手に触れ見ていても飽きることのないというこういううつくしい板を用い、また眺めながら暮らせるというのはありがたいことです。

森さんの工房を訪ねるといつもきちんと整理整頓されていることに感心しますが、その工房と併設の展示室を公開して7月3日より展覧会が開かれますのでこのブレッドボードとあわせて紹介したいと思います。


WASHITAKA・SHOP 一周年記念 のこのこ展
7月3日~11日 13:00~18:00
詳細はリンク先のワシタカ工藝さんのサイトにて御覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
後日追記

ワシタカ工藝さんのブレッドボードの紹介ブログにリンクを付けます。
[PR]
by hanakari | 2010-06-27 01:38 | きのもの