「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

一閑張の扁壺

a0038380_22575841.jpg


これはやきものではなくて紙を漆で固めた一閑張なのです。
朝鮮のお膳に朝鮮の扁壺。
[PR]
by hanakari | 2005-09-29 22:59 | かみのもの

銅の扉

a0038380_21463098.jpg


さらにもう一枚、閑谷学校からの最後の写真です。
以前ここで京都大徳寺の近くで見付けた鉄の扉を紹介したことがあります。
これは鉄としてその素材のうつくしさを十分に感じるものでしたが、今日は銅の扉です。
こちらもまた年月を経た銅ならではのうつくしい色合いと漆喰壁の白の対比に打たれました。

閑谷学校の写真をまとめてみました。
アルバム 閑谷学校 備前
[PR]
by hanakari | 2005-09-22 21:56 | かねのもの

御幣

a0038380_226115.jpg


こちらも閑谷学校からの写真。
こういう紙を切っただけの造型も在るべきところに在るべきように置けば途端に確かな世界を現します。
御幣は神道の生んだ造型ですが、こういうものから受ける感じはいかにもそれらしく清浄な印象であり、神道もまた仏教と共に現代になお日本的霊性の基礎となっているということに気付かされるのです。
[PR]
by hanakari | 2005-09-21 22:16 | かみのもの

防火水栓

a0038380_5472583.jpg


もういちまい閑谷学校の写真を。
こちらは防火水栓。
まるで生き物か魔除けのように立っています。
この学校を守ろうと誓った姿はさすがにそれだけの祈りが込められた頼もしいかたちです。
[PR]
by hanakari | 2005-09-20 05:53 | かねのもの

円座

a0038380_784870.jpg


沢山積み上げられたこれはワラかイグサか何かそういうもので作られた円座です。
窓から差す光の中に素晴らしい存在感で立っていました。

岡山の閑谷学校にて。
[PR]
by hanakari | 2005-09-18 07:14 | たけやくさのもの

曲家の水滴

a0038380_1053735.jpg


このあたりの稲刈りもそろそろ今日明日でお終いでしょうか。
刈られた稲を稲木に掛けて天日で乾燥、といううつくしい風景はここ数年で見かけなくなりました。

この曲家の水滴はおそらくは瀬戸の産。
こんなものを見付けた時には心が躍りました。
[PR]
by hanakari | 2005-09-10 10:57 | つちのもの