「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:景色( 20 )

a0038380_23393479.jpg


けさは青く晴れわたってさむいさむい朝でした。
YEN TOWN BAND の歌っていた「この空の青の青さに心細くなる」という歌詞を思い出しました。
空の青、海の青、ひとにも青のイメージのひとがいます。
青は生命を抱き包む色。

けさはうつくしい空でした。
[PR]
by hanakari | 2008-12-06 23:50 | 景色

紅葉

a0038380_184236100.jpg


11月25日の朝8時過ぎの日吉ダムです。
京都に行き来する時はいつも通る場所ですが、山にかかる雲もそして杉か檜の針葉樹の姿と色付く広葉樹の色彩が水面に映えているのもうつくしくおもわず1枚写真を撮りました。

こんなものは誰が見ても綺麗に決まっているし写真よりも実際の方がずっとよいのでわざわざここで紹介するまでもないのですがやっぱりこの時間ここにいなかったひとにも見て欲しいと想ったのです。
[PR]
by hanakari | 2008-11-29 18:53 | 景色

テスト

a0038380_16263740.jpg

[PR]
by hanakari | 2008-02-16 16:26 | 景色

a0038380_23575494.jpg


たいした雪ではなかったのですが今朝も雪
今朝の10時半頃の自家の玄関を開けた正面の山
広葉樹と下のほうに拡がるのは植林されたスギやヒノキ
そして稜線あたりにあるのがアカマツです
雪がついてもそれぞれの調子の違いが面白い
[PR]
by hanakari | 2008-02-04 00:04 | 景色

柿の木のある家

a0038380_1811070.jpg


隣り街まで買い物に行く。

写真は南丹市美山町北の柿の木のある家。
紅葉も終わったこの季節を柿は鮮やかに彩る。
[PR]
by hanakari | 2007-12-10 18:14 | 景色

a0038380_030136.jpg


今夜は中秋の名月だそうです。
いつまでも暑かった今年の夏も過ぎてようやく気候も秋めいてきました。
生畑の月もうつくしく輝いています。
兼好法師は「月は隈なきをのみ見るものかは」と言っていますがこういうことは多分にその時々の状況や気分によるもので、今の自分にはこのようにポッカリと浮かんだ隈なき月がしっくり来るような気がします。
もちろん肉眼ではこうは見えませんが、ズームレンズの200mmで撮ったものをさらにトリミングしてみました。
[PR]
by hanakari | 2007-09-26 00:42 | 景色

琴滝

a0038380_2164245.jpg


ちょっと用事があって出掛けた後で出先のそばにある琴滝に行って見ました。
岩肌に沿って流れ落ちる水が琴の13本の糸のように見えるということで琴滝と名付けられたとのことです。
落差40メートルというが水量は多くないので優美でうつくしい姿です。
丹波山地にはこれほど大きな滝があるのは珍しいんじゃないかと思います。

出掛けにふと琴滝によることを思い立ちカメラを持って出たのですがピントを合わせるのを忘れてあわれこの始末。。。
[PR]
by hanakari | 2007-09-02 02:25 | 景色

月夜

a0038380_2171231.jpg


お正月が明けて何日目だったかな。
月に雲がかかって素晴らしく幻想的に輝いていた。
急いで車を止めてカメラを構えたがその時には雲は流れ、一瞬をとらえることは出来なかった。

後で写真を見れば送電線の鉄塔というのはなかなか悪くない姿をしている。
あのうつくしい法起寺の三重塔を思い出しますね。
[PR]
by hanakari | 2007-01-28 02:26 | 景色

つらら

a0038380_2026561.jpg


窯のトタン屋根のつらら。
[PR]
by hanakari | 2006-02-07 20:28 | 景色

丹波の秋景色  「切り通しの図」

a0038380_2261695.jpg


昨日車で走りながらふと目に入った景色。
赤土に青い空と雲。
ああ、これは岸田劉生だという気がしました。
劉生が若い頃に描いた原宿辺りの切り通しの図を思い出したのです。
これはこれで丹波の秋景色。
[PR]
by hanakari | 2005-10-22 02:25 | 景色