コーニッシュジャグ

a0038380_011322.jpg

素焼きの胴の口元にだけ申し訳ばかりに化粧土と釉薬をまとったなんとも粗末なこういう水差しは20世紀になっても英国のコーンウォールで大きさも大小様々に盛んに作られていたようです。
全体の姿や焼成は中世の古陶の伝統を継ぎ、化粧土と黄色いガレナ釉は18−9世紀に盛んに作られたスリップウェアそのままで、非常に英国の伝統的なやきものの陶脈を色濃く引き継いだものかと思います。
ウェットハンドルと呼ばれる轆轤した後に柔らかい粘土紐を引き伸ばしながらかたちしたこういうハンドルの付け方をバーナード・リーチさんが学び、小鹿田や出西などの日本の窯に伝えたものが今ではすっかり定着して、自分もマグカップやジャグの持ち手を立杭の清水俊彦師匠のところで学んだこのやり方で作っていましたがようやく直接教わることができました。
[PR]
by hanakari | 2013-04-05 00:50 | つちのもの
<< 藤井佐知さんのピッチャー 丹波 いっちん壺 >>