馬の目皿

a0038380_2195747.jpg


たくさんの目玉が見つめているようなこの皿は明治頃から作られはじめたのではないかと思われる瀬戸の馬の目皿と呼ばれるものです。
かなり厚手に轆轤をひいたがっちりとした作りはほぼ同時代にやはり瀬戸で作られた無地の石皿とも似ており、またおそらくは用途も需要も共通のものではなかったかと思うのですが、はたしてどういうところからこの印象的なデザインが生まれてきて定着したのかはわかりません。
今に残る品も相当多数あることからすれば長年にわたってかなりの数の馬の目皿が当時焼かれていたことは間違いないと思います。

この馬の目皿については大正末に現地で発見したスリップウェアと共に英国から戻ってきた濱田庄司とそれに大いに感動した河井寛次郎が京都市内の魚屋で使われていた馬の目皿を見付けて大変惹かれたといいます。
その時に二人はスリップウェアの日本版のような皿であると思ったそうですが、実際に数年の後にスリップウェアの技法をたくさん手がけていた河井寛次郎が馬の目紋様のスリップウェアも作っています。
そのころまでは普通に暮しの中で馬の目皿は用いられていたのです。

写真の皿はぼく自身がまだ自分で陶器を作ってみようともしていないがやきものに興味を持ち始めた頃に東寺の朝市で見つけて手に入れたものです。
大学に行く前に早朝から一周りして、まだまだやきもののこともこういう古いもののことについても知識もない頃に玉石混交の様々なものを手に取って見れるよい機会でした。
すでに二十数年も昔のことになってしまいましたが当時はたくさんの露天がひしめきあう市を一周りすれば今思ってもいろんな貴重なものがありましたし、特別珍しい訳でもない馬の目皿などは幾つか見つかったのです。
そのなかでも釉薬の調子や紋様の穏やかな描きぶりが気に入ってこれを選んだことや、当時の自分としては不慣れな、そして思い切ったこの買物のためにいっしょに行った友人がずいぶん根気よく値段を交渉してくれたことを思い出します。
[PR]
by hanakari | 2011-01-28 02:58 | つちのもの
<< 多々良 壺 赤絵のくらわんか 小皿 >>