「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

どくだみ

a0038380_2149322.jpg

ひさしぶりの花です。
山に囲まれた田舎にいながらあまり花を知らないでいるのですが、もっと花を知り、せっかく花器もたくさんあることだからもっと花を楽しみたいという気になっています。
9年前にも取り上げましたがどくだみは初夏を彩る可憐な花です。
[PR]
# by hanakari | 2016-06-06 21:58 | 草木花実

丹波 流釉 甕

a0038380_9334778.jpg

このような丹波の甕はたくさん今も残りますが江戸前期の赤土部は評価されても中期以後のものはあまり人気のあるものではありません。
作り方も焼き方も同じようなものですが何かが変わったのだろうということは作り手の立場から感じます。
研究も不十分な現状でははっきりとしたことは何もわかりませんがきっとそれは窯の構造ではないかという気がするのです。

それはさておき、中期以後発達したのはこのような竹筒を用いた行儀の良い流釉で、これにはまた独特の魅力があると思います。
[PR]
# by hanakari | 2016-04-14 09:40 | つちのもの

赤絵のくらわんか 五寸皿

a0038380_651537.jpg

たいへん惹かれているものの内のひとつが赤絵のくらわんかです。
赤絵のくらわんかについては以前にここで紹介した小皿の時にもあれこれ書きましたが、最近手に入れたのがこちらの五寸皿です。
それ自体が割合めずらしい赤絵のくらわんかとしては、この手のものは何度か見かけたので、数が多いタイプではないかと思います。
むしろこれこそが赤絵のくらわんかであるとも言いたいほどにくらわんか的な気配も濃厚な絵が描かれていますが、一方で造形としては窮屈で堅くはないものの、かなり薄手で繊細な作りはいわゆる普通のくらわんかとはまるで違うものなのです。
これはつまり産地や時代が違うと考えるのが妥当であって、こういう赤絵のくらわんかの正体は何であろう、伊万里の初期赤絵の一様式ではないかとかあるいはどこか地方の窯の生まれではないかとかいろいろ想像していましたが、これも最近ある方に教わったことから調べてみれば、長崎の長与という窯こそがこういった赤絵のくらわんかの生まれ故郷のひとつではないかという気がしています。

ものがうつくしいということだけで充分といえば充分には違いないのかもしれませんが、うつくしいものがあるのならそれが果たして何時何処でどのようにして生まれてきたのかということを知りたいし、それを考える過程や解明した結果からその先が見えてくることも多いので、やはり感覚だけで終わらずに知の裏付けもしてゆきたいとは思うのです。
知識で目を曇らせることをいつも戒めたあの柳宗悦も「知リテ ナ見ソ 見テ 知リソ」という言葉を残しています。
[PR]
# by hanakari | 2015-10-12 07:24 | つちのもの

丹波 赤土部 甕

a0038380_03334549.jpg
赤土部の甕は以前にもひとつここで紹介したことがありますが大変好きなものです。
こちらは大きさもあって立派なもので継ぎ土の跡の段差もアクセントとなっているとともに、この打掛した流釉もこの時代の丹波としてはちょっと珍しいものかとも思いますが、それ以上に目を惹くのはこの赤く冴えた発色でしょう。
赤土部とは江戸時代になって様々な技術革新とともに使われるようになった鉄分の多い泥を主原料とした釉薬ですが、残されたものを見れば暗く沈んだ茶色いものも多くその名が示すとおりこのように赤く美しく発色するのは実は割合としては少なかったのではないかと思われます。
こういう釉は原料とその調合とともに焼成の時の条件や冷め方でかなり結果にばらつきが出るかと思われるのである時代のある窯場固有のものを後になって再現することは実際には不可能であるように思います。
同じような泥を原料とした釉薬はこの時代に信楽や越前や各地の窯で盛んに使われましたが、丹波のある時代の一部のものに見られるような美しい赤は他では見ることが出来ないものでした。
赤くしようとして赤くするのは極めて困難なことで、またそういう意識がそう働いたとも思えないような雑器の仕事の中での出来事です。
おそらくはこの土地の原料、山の傾斜や湿度、薪の種類や焚き方などの条件が偶然揃った時にこの奇跡が起こったのではないかという気がするのです。
丹波でも17-18世紀前半のみに見られるもので江戸中期になればこの調子の赤土部は失われてしまいました。
きっと何かの条件が変わったのでしょう。






[PR]
# by hanakari | 2014-01-25 09:00 | つちのもの

小絵馬

a0038380_21313671.jpg

あけましておめでとうございます

白馬を描いた古い小絵馬です。
絵馬について調べると左馬は縁起の良いものとされたとのことで、午年のご挨拶にこの絵馬を選びました。
簡単に繰り返したくさん描かれた粗末な絵馬のことですから線描きはあるいは木版で押したものでしょうか、それに筆で何色かの色を差したものです。
鞍に描かれた紋様が少しも立体に描かれたふうではないところにこの絵の風韻を感じます。

長年ずっと使ってきたD70の不調もありましてこのブログの更新も途絶えておりましたが、ここからの画像はD7100で撮影したものに変わります。
とは言っても相当圧縮したこのくらいのサイズの画像では違いはわからないかとは思いますが。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by hanakari | 2014-01-05 22:29 | きのもの